2015年06月27日

腸内環境とストレスの関係

腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌を増やす方法としては、ヨーグルトや乳酸菌飲料などでビフィズス菌や乳酸菌などを摂取する、肉類の摂取を控える、生活習慣を整えるなどがありますが、忘れてはいけないのがストレスケアです。

※ ヨーグルトで善玉菌を増やす方法については、以下のサイトに詳しいです。
参考 : ヨーグルトでおなかの張り解消 - 便通改善にオススメの乳酸菌

ストレスは、腸内環境に悪影響を与えます。

腸内細菌の生態系のことを腸内フローラといいますが、自衛隊のレンジャー部隊や宇宙飛行士などが、訓練の前と後で比較したときに、腸内フローラが非常に悪くなったという話は有名です。

腸内フローラが悪化するとは、つまり善玉菌が減って悪玉菌が増えるということ。

悪玉菌は食生活が乱れたり、年をとったりすることでも増殖の勢いを増しますが、なによりコワイのが強いストレスによる増加です。

強いストレス下で生活することで腸内フローラが荒れに荒れて、20代の健康体なのに善玉菌が1%程度になってしまったという例もあるようです。

そのくらいの年齢であれば、ビフィズス菌などは10%以上はあっても良さそうなものですが、その方は悪玉菌のほうがはるかに多くなってしまったということです。

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢になりやすくなり、人生の質が目に見えて落ちます。トイレのことを常に意識しながら生活するなんて、とてもイヤですよね。

便秘になると腸内のアンモニアや硫化水素、フェノールなどの有害物質が増えて、さらに善玉菌は減りますし、免疫力の低下、肌荒れ、体臭などの症状まで出てくる可能性があります。

腸内フローラを健全な状態に保つことは非常に大事ですし、そのためにはストレスケアが重要なのです。

趣味、入浴、適量のお酒などのリラックスしたりストレスを発散したりする時間を積極的にもうけて、1日ごとにきちんとストレスを溜め込まないような生活を送ることが大切です。
posted by ダマ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 善玉菌について